ライターとは?需要が増加する理由と未経験からお仕事を受注する流れ

 

そもそも「ライター」とはどのようなお仕事を指すのでしょうか?

ここではライターのお仕事内容と、受注していく流れを紹介していきます。

「ライター」は範囲がとても広い言葉

一般的にライターとは文章を書き報酬をもらうお仕事を指します。

 

その中にも種類があり、パッと耳にするものだと以下のようなものが挙げられます。

  • 専門家の話をわかりやすく広める取材ライター
  • 調べ物をして知識をまとめるキュレーター(在宅ワークが多くなります)
  • 自分の経験や見分を自由にまとめるコラムニスト
  • 企業のイベントや企画のキャッチコピーを考えるコピーライター
  • インターネットに掲載する記事を書くWebライター

 

そして、今は新聞や雑誌、書籍の発行部数はだんだんと減少しています。

代わって増加しつつあるのがインターネットを使ったWebメディアです。

今は1人が1つスマートフォンやパソコンを持っていて当たり前の時代。だからこそ、そこで展開される文章も多く、需要は高まりつつあります。

サリ先生
ライターはもちろん、販売代行者や広告屋、マーケッターなどネットの世界で文章力のある人材の需要は高まりつつあるわね

増加する「ライター」の需要

ライターだけでなく、伝わる文章が書ける人材の需要はインターネット上で高まりつつあります。

大手のWebサイトを見てみると「ライター募集」といったページはほぼ確実にありますし、運営をカバーできるほどの人材が足りていないことがうかがえます。

 

またビジネスの仕組みとして、開発や内部構造の強化が終わり自社サービスが軌道にのった後、企業がお金をかけるのは広告費です。

自社サービスが完成した後は、新規客の発見や認知拡大のために売り込む工程が必要になるからです。

となると、以下のようなものが作られます。

  • 企業ホームページ
  • PRサイト
  • 会員向けのメルマガ
  • 自社アプリやデジタルコンテンツの配信
  • ニュースサイトやコラム
  • 開発者やユーザーの取材レポート

 

これらはそっくりそのままライターの活動場所です。

なので、インターネット上では常にたくさんのライターが即戦力として求められています。

私たちライターやライター志望者にとってはチャンスに溢れた時代と言えます。

未経験からライターとしてお仕事を受注する流れ

では実際に未経験からライターとしてお仕事を受注するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

具体的には以下のステップをとる形になります。

  1. 最低限必要なパソコンなどの備品をそろえる(人によっては0円で済みます)
  2. クラウドソーシングサイトに登録し、ライターのお仕事内容を知る
  3. SNSやブログなど活動の窓口をつくる
  4. 優良案件を積極的に探しつつ実績を積む
  5. プロダクションやライター事務所に売り込みをする

 

「すでにライター活動をしていて月収UPを狙いたい」という方は、上記の中でやっていないものがないか確認してみてください。

それだけでもかなり報酬UPにつながると思いますし、今後の役にもたちますよ!

それぞれの工程からより詳しい内容を説明している記事にリンクをつなげています。ぜひ読んでみてくださいね。

ライターの報酬体系

ちなみに、ライターの月収(報酬)は基本的に以下のように求められます。

在宅ライターの月収 構成要素
月収 =( 文字数 × 文字単価 )× 執筆時間

なので、在宅ライターとしてより稼ごうと思ったら「文字数」「文字単価」「執筆時間」のどれかを増やす必要があります。

 

言われてみると基本的なことなのですが、これを意識しないと

「収入を上げたいけど何から手をつけていいかわからない」

「がんばっているはずなのに報酬があがらない」

なんて辛い自体に陥ってしまいます。

逆に言うと、このポイントさえ押さえればスムーズに稼ぐライターになれます。

サリ先生
この辺りはまずライターになってからの話ね!あなたの状況にあわせて計画立てていきましょう。

未経験からライターになるという方は次の「在宅ライターがお仕事をするにあたって準備するべきもの」という記事に進んでくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

中馬 さりの

旅暮らしの物書き。1992年、東京生まれ。文化女子大学服装学部を卒業後、アパレルメーカーに勤め、2016年からフリーライターとして活動を開始。現在は編集プロダクションLILYPRODUCTSの代表をしながら、ファッションブログや月額マガジンの運営をしています。