在宅ライターがお仕事を受注する方法

 

フリーランスを目指す上で、多くの人が気になるのは「営業」のことです。

「営業なんて自信ないな」と思った、あなた。

どうか安心してください。ライターの仕事を受注するには、饒舌なトークも、名刺を山ほどバラまく営業手法も必要ありません。

では、必要なのは何なのでしょうか? そして、実際に仕事を受注する方法は?

今回は、在宅ライターが仕事を受注する方法と心構えについて解説します。

ライターの受注パターン【1】自分から案件に応募する

ライターが仕事を受注する主なパターンは、次の3つです。

1.自分から案件に応募する
2.人に紹介してもらう
3.「実績を見て」直接依頼

そして3つのうち最も多いのが「自分から案件に応募する」パターン。とくに初心者ライターの場合、案件を探して応募→受注、という流れがメインの受注方法になります。

では、どんなふうに案件を探せば良いのでしょうか? 初心者ライターにおすすめの方法をご紹介しましょう。

応募ルート1「クラウドソーシングサイト」

クラウドソーシングサイトは、仕事を探すフリーランスと、人を探す企業とを繋ぐサイトです。

興味のある案件のみを選んで応募でき、請求や振込といった煩雑な作業はサイトが代行してくれます。「ライターの仕事は初めて」という人にもトライしやすい環境ですね。

おすすめなのは、規模が大きく知名度も高い以下のクラウドソーシングサイト。

クラウドワークス
ランサーズ
サグーワークス

これらのサイトをきっかけに、今やベテランの専業ライターになった人も沢山います。

応募ルート2「SNS」

TwitterやFacebookなどのSNSで、ライター募集が掛かる場合もあります。

SNSで気になる編集者やライターを見つけたら、積極的にフォローしてみましょう。いざライター募集が掛かったときに、情報をキャッチしやすくなります。

またSNSは、自分の文体や人柄を知ってもらいやすい場。なぜなら多くのクライアントは、応募してきたアカウントの投稿をひととおりチェックするためです。

逆に言えば、あなたの普段の言動が選考の材料になるということです。仕事用のアカウントでは節度ある投稿を心がけたいですね。

応募ルート3「ダイレクト検索」

書きたいジャンルがある人は、「ジャンル+ライター募集」でネットを検索してみてください。(例:「海外ドラマ ライター募集」「子育て ライター募集」など)

この方法で、業界の専門サイトや、ジャンルに関連した企業のオウンドメディアが募集しているライティング案件を見つけることができます。

ただしこれらの案件は、初心者NGであることも多いです。もしも初心者OKの募集が見つからない場合は、クラウドソーシングなどで実績を積んでからトライしてみましょう。

ライターの受注パターン【2】人に紹介してもらう

ライターの仕事は、人からの紹介で得られることもあります。

「紹介案件なんて、特別なコネがある人の特権では?」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

たとえば、クラウドソーシングがきっかけで知り合ったクライアントが、社内の別部署や社外の知り合いに紹介してくれるケースは多々あります。

また、プライベートの友人・知人が、「お店を宣伝したい」とか「ホームページをリニューアルしたい」等と考えている周囲の人に紹介してくれることもあります。

いずれの場合も、あなたの技術と人柄に対する信頼があってこそです。「ぜひ紹介したい」と思ってもらえるよう、ライターとしての信頼を蓄積していきましょう。

ライターの受注パターン【3】「実績を見て」直接依頼

署名記事(自分の名前が載る記事)で実績を積み重ねていくと、それを見たクライアントから直接仕事の依頼が舞い込むこともあります。

このパターンで受注した仕事は、高単価だったり自由度が高かったりと、好条件であることも多いです。その理由は、クライアントがあなたの実力を評価してくれているため。

「ぜひあなたに文章を書いてほしい」と指名を受けるのは、ライターとして働く上で感動的な経験ですし、自信にも繋がります。

コンスタントに指名依頼が来るようになれば、報酬面でも内容面でも「受けたい仕事」を選んで働く、そんな生き方も可能になるでしょう。

ライターが仕事を受注する上で、一番大切なのは「信頼」


在宅ライターが仕事を受注する経路はいくつもあります。

どの経路をメインにするにせよ、一つ一つの仕事を誠実に行い、信頼を積み重ねていくことが一番大切です。

初めてなら、まずはチャレンジしやすいクラウドソーシングから始めて、徐々に経験を積んでいきましょう。